音楽教室 Music School

音楽教室 Music School
 
音楽で豊かな心を育てます

幼児科 4・5歳児(年中・年長)

幼児科 4・5歳児(年中・年長)

“耳の力”がぐんと伸びる4・5歳。今が音楽のはじめどきです。人間の聴覚がもっとも発達するのは4・5歳のころ。
この時期にたくさんの音楽を聴き、歌い、弾く体験を重ねることや、“こころ”と“からだ”で、丸ごと音楽に
向き合うことで、おんがくのさまざまな表情やニュアンスを聴き分ける耳が育まれます。

幼児科の特徴

言葉を覚えるのと同じように、ドレミを覚える。

聴く力が発達し、“まねをすること”が上手にできるようになる幼児期は、言葉を覚える能力が一気に高まる時期。
音楽も同じです。この時期を逃さずに、無理なく楽しく、音楽をたくさん吸収させてあげてください。

さまざまな角度からの音楽体験

「きく」「うたう」「ひく」「よむ」「つくる」
といったさまざまな角度から言葉を覚えるように音楽に親しみます。

“こころ”と“からだ”の
発達段階に合わせたプログラム

4・5歳児はおんがく的な聴感覚の発達が著しい時期。
聴いた曲をくり返しドレミで歌ったり弾いたりすることで、音楽的な耳を育てます。

すべての演奏表現の基礎となる
音感が育つ時期です。

この時期にたくさんの音楽を耳から体験することで豊かな音感が育まれます。音感とはドレミ、拍子、リズム、強弱、調など、音楽を形づくるさまざまな要素を聴きとる力、音楽の基礎となる力です。

お友だちと一緒だから楽しい

音楽の楽しさをお友だちと共有できるのはグループレッスンならでは。
刺激し合う事で自主性や意欲を引き出し、協調性や社会性も育ちます。

親子一緒だから安心

保護者の方が一緒にいてくださることが、お子様の安心感や積極性を引き出します。家庭での音楽環境づくりにもつながります。

幼児科ってどんなことやるの?

レパートリー(弾く曲)を中心に、「きく」→「うたう」→「ひく」→「よむ」ということを何週にもわたってくり返し体験しながら

  1. 音楽的に聴く耳
  2. 音楽を聴いて感動出来る心
  3. 自分を表現したいという意欲

を育み、将来、創造性豊かな音楽表現が出来る力につなげていきます。

きく

先生の演奏やCDで曲を聴きます。全体を通して聴くことで曲のイメージが広がり、「歌ってみたい」「弾いてみたい」という気持ちにつながります。
同時に音楽を形づくるさまざまな要素、音楽全体を聴きとれる“耳”を養います。

うたう

先生が歌ったり弾いたりするメロディーを聴き、真似して歌うことで正しい音程やリズム、テンポを覚えていきます。
また、感情を込めて歌うことで曲の表情やニュアンスを表現することを体験します。

ひく

ドレミで歌いながら弾きます。歌ったものを歌ったように弾くことで聴く力を育みます。
片手ずつからはじめ、両手で弾きこむことで音感を定着させ、ソルフェージュ力、ハーモニー感、人と合わせる感覚など総合的な音楽力も身につけます。

よむ

弾いた曲の楽譜をドレミで歌いながら指で追ったりメロディーをマグネットで五線譜においたり。
聴いて歌って弾いたものを、最後に楽譜で確認することで少しずつ楽譜に対する興味づけをしていきます。

つくる

「きく」「うたう」「ひく」、それぞれの体験を通して身につけた力を活かして伴奏をつけることにチャレンジ。創造することや、自分を表現することの素晴らしさを学びます。

レッスン・カリキュラム

幼児科の2年間で、音楽のチカラはぐんぐん伸びます。

〜3ヶ月後〜
1曲を通して演奏します
みんなで歌ったり音楽に合わせてからだを動かすことで、音楽をからだで感じ、グループレッスンの楽しさにふれます。また、CDに合わせて鍵盤に親しみ、簡単な片手演奏の曲が弾けるように。
〜半年後〜
両手で曲を演奏します
グループレッスンの楽しさを実感し、みんなで一緒にがんばろうとする意欲やよい意味での競争意識が芽生えてきます。この頃から両手奏に入り、音楽のいろいろな要素を「きく→うたう→ひく」の順序で学んでいきます。
〜1年後〜
いろいろな和音や調を
経験します
和音を覚えたり、ハ長調やト長調、へ長調を習ったり、レッスンで教わる音楽の幅が広がります。曲のイメージにふさわしい歌い方や弾き方もできるようになって、いろいろな伴奏も経験します。
〜2年後〜
さまざまな表情の曲に
挑戦します
ハ長調の曲から始まり、ト長調、へ長調、ニ短調、イ短調と2年間に5つの調を経験します。元気な曲、悲しい曲、美しい曲など、気持ちをこめて演奏することや表現方法を学んでいきます。

教材

興味を引き出しイメージを膨らませる絵本のようなテキスト!

「ぷらいまりー①〜④」:2年間で4冊

歌唱曲や鍵盤演奏曲を掲載した幼児科のメインテキスト。
楽しく学べるシールや創造力を豊かにするイラストがいっぱい。

「ぷらいまりーホームワーク①〜④」:2年間で4冊

お子さまと保護者の方がご家族で一緒に学習できるワークブック。

CD教材は世界一流のオーケストラによる演奏を収録!

「ぷらいまりー①〜④」:2年間で4枚

CD教材には、「幼児科」専用に録音された音源を使用しています。
特にレパートリー曲は、ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団やロンドン交響楽団など、世界でも一流のオーケストラの演奏です。
幼児にも質の高い音楽を聴かせたいという、ヤマハのこだわりです。

音楽の要素を映像を通して学べます!

「ぷらいまりーDVD①〜④」:2年間で4枚

音楽の要素をわかりやすくまとめた映像教材です。
「鍵盤」「楽典」の要素は、「ホームワーク」の内容と連動しています。
親子で一緒に楽しみながらご覧ください。

ご家庭でもレッスンの振り返りができます!

「幼児科キット」「ぷらいまりーのーと(年間4冊)」

ご家庭で学んだことを家族で再確認するための教材です。
読譜や楽典の知識を楽しいながら身につけられます。
幼児科キットは、ホームワーク、DVDとも連動しています。

料金

対象 4・5歳児(年中・年長)
※保護者の付き添いが必要です。
期間 2年間
開講 5月
レッスン回数 年間40回(月3・4回)
レッスン時間 1回60分
※教室の入れ替えの時間を含みます。
クラス形態 8名程度のグループレッスン
開催教室 今市教室(火・木・土・日)
渡橋教室(水・土)
大田教室(水)
レッスン料 月7,020(税込)
会場費 今市教室:月648円(税込)
渡橋・大田教室:月432円(税込)
教材費 1年目:14,040円(税込)
2年目:11,664円(税込)
※別途スズ・カスタネットをご購入いただきます。
入会金 5,400円(税込)
※入会時のみ。

オプションレッスン

幼児科に在籍しながら、ピアノ、エレクトーンそれぞれの演奏力を高める為、あるいはレッスンの補足を行うために、オプションで個人レッスンを併用していただくことが出来ます。 オプションレッスンでは、幼児科のテキストのほか、市販の教材などを併用し、進度やレッスン回数に応じて楽曲を選択して学ぶことも可能です。

レッスン回数 月1〜3回
レッスン時間 1回30分
レッスン料 月1回:2,700円(税込)
月2回:5,400円(税込)
月3回:8,100円(税込)

在籍生の声

レッスンに通って、よかった♪と思うことは?

音楽が大好き!!元気に歌ったり、家ではノリノリでよく踊ったりしています。
よかった♡と思うことは、素敵な友達と出会えたことです。

できるようになったことは?

耳が鍛えられて、ピアノの音を聴いて、どの音かだいたいわかるようになりました。

Q&A

ヤマハ音楽教室と近所にある個人ピアノ教室との違いは?

一般的な個人のピアノ教室は楽譜を読んで弾くことに重点をおいています。
いっぽうヤマハ音楽教室は、年齢に合わせて「弾く」「聴く」「歌う」「読む」「つくる」の5つの要素を組み込んだ総合音楽教育をしています。
耳の発達が著しい4・5歳児は幼児科で「きく(聴く)こと」に重点を置きながら音楽力の基礎を学び、指先の発達が著しくなる6・7歳児の児童期各コースは、演奏力やアレンジ力を養います。

ヤマハ音楽教室とリトミックとの違いは?

様々なジャンルの音楽を「聴く」ことに重点を置いています。
リトミックでは、音やリズムの変化に素早く反応したり、音楽に合わせて身体を動かす表現活動を行っています。
いっぽうヤマハは、様々な種類の音楽をいろんな形態で「聴く」ことに重点を置いています。
音楽による「遊び」が、親子にとってのかけがえのない時間となり、お子さまの豊かな成長をうながします。
こういった点が、一般的なリトミック教室との違いです。